女性のためのワキガ対策/汗ってなに?

何で汗をかくの?

女性のためのワキガ対策/汗ってなに?

そもそも汗ってなんでしょう?

 

人間を含む動物は、さかんに汗をかきます。それは体温調節のための必要なメカニズムで、汗をかき、それが蒸発することによって体温を下げているのです。

 

激しい運動の後や暑いとき、 熱が体内にこもって体温が上昇します。
通常、人間は36. 5℃前後が平熱だとされていますが、これを大きく超えてしまうと体内の代謝機能が低下してしまい 、生命を維持できなくなってしまうのです。

 

そこで汗をかくのですが、液体である汗が蒸発して気体になるには熱が必要になります。

 

これが気化熱で、体が汗でぬれていると、汗が熱をうばって蒸発しようとするため、体温を下げることができるのです。

 

犬も暑いときは舌をだらりと伸ばして大きく息をしますが、これも気化熱を利用したもので、舌の表面から唾液を気化することによって熱を下げているのです。

 

体温を下げる普通の汗「エクリン汗腺」

私たちの皮膚の表面には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という汗腺があり、さらに「皮脂腺」という器官も存在しています。

 

通常、私たちが「汗」と呼んでいるのは、エクリン汗腺から分泌されるふつう汗のことになります。

 

エクリン汗腺は全身に分布し、皮膚表面から1〜3ミリの比較的浅い部分に密集しています。

女性のためのワキガ対策/汗ってなに?

またエクリン汗腺は直径0.4ミリほどの小さな組織で、そのことから「汗腺」とも呼ばれているものです。

 

体温を下げる必要を感知した際に、エクリン汗腺は皮膚表面で開口し、ふつう汗を分泌させます。

 

これが汗をかくということで、暑いときや激しい運動の後に汗をかいて体温の上昇を防いでくれるのです。

 

エクリン汗腺は皮膚の1センチ四方に100個前後存在し、全身では230万個ほどもあります。

 

人間が1日にかく汗の量は1.5〜2リットルといわれており、汗をかいていないようでも、自然とそれだけの量を分泌しているのです。

 

このふつう汗は99%が水分で、わずかに塩分を含みます。

 

そのため、肌を酸性に保ち、雑菌から保護しているのですが、塩分がわずかに含まれているといってもふつう汗そのものは無色、無臭でサラリとしています。

 

ただ、ふつう汗もそのままにしておけば、臭いを発生させてしまいます。

 

これが「汗臭い」ということで、汗をかいたあとにシャワーを浴びたりお風呂に入れば臭うことはありません。

 

また、ふつう汗は緊張したり、自律神経の変調などによっても分泌されます。

 

「緊張して 、掌が汗びっしょりになってしまった」というのは、この作用によるものです。

 

多汗症もこのふつう汗によるもので、何らかの理由でふつう汗が大量に分泌されるようになると、多汗症と診断されます。

 

「アポクリン汗腺」って?

アポクリン汗腺は直径が4ミリほどで、エクリン汗腺のほぼ10倍の大きさがあります。

 

そのため、エクリン汗腺が小汗腺と呼ばれるのに対し、
アポクリン汗腺は「大汗腺」と呼ばれてい ます。

 

そして、エクリン汗腺よりも皮膚の深い部分に存在していることも大きな特徴です。

 

また、アポクリン汗腺は開口部が毛穴につながっています。

女性のためのワキガ対策/汗ってなに?

 

そして、腋や乳首、おへその周辺、陰部、耳の穴など、体毛の濃い部分にのみ分布しており、頭部にはアポクリン汗腺は存在していません。

 

アポクリン汗腺から分泌されるにおい汗は水分のほか、脂肪やタンパク質、色素、蛍光物質などを含んでいます。

 

そのため、ふつうの汗と比べて粘り気があり、一度、分泌されると24時間ほどは活動を休止してしまいます。

 

その働きについては、まだ解明されていない部分が多いのですが、性的興奮のほか、ストレスや精神的な緊張などでも分泌されることがわかっています。

 

このことにより、フェロモン分泌のための器官ではないかと推測されているのですが、ワキガが発生するのは思春期以降ということで、アポクリン汗腺が活性化するのも同じ時期からとなるのです。

 

 

 

「皮脂腺」って?

「皮脂腺」はひとつの器官であり、汗腺ではありません。

 

ただ、エクリン汗腺やアポクリン汗腺と連携して皮膚に大きな影響を与えます。

 

皮脂腺はアポクリン汗腺と同様、その開口部は毛穴につながっています。

 

そして皮脂という名のとおり、皮脂腺は開口部から脂肪(皮脂)を分泌します。

 

毛穴から押し出された皮脂はふつう汗と混じり合い、皮膚の表面に薄い膜をつくって肌を保護するのですが、これが少ないといわゆるガサガサとした乾燥肌になり、 多いとベタベタとした油肌になってしまうのです。

 

また、皮脂を食べる雑菌類が異常に繁殖してしまうと、その部分が化膿してニキビや吹き出物となってしまいます。

皮膚の常在菌が臭いのもとになる

これまで述べてきたように、私たちの汗はふつう汗、におい汗、皮脂によって構成されています。

 

そして、それぞれが独立して分泌されるのではなく、多くの場合は運動後や温度の上昇、ストレス、緊張、性的興奮や食事による新陳代謝によって、連携して分泌されているのです。

 

汗や皮脂そのものには臭いはありませんが、皮膚表面の常在菌によって分解されると、強い腐敗臭を放つことになります。

女性のためのワキガ対策/汗ってなに?

まず、アポクリン汗腺から分泌されたにおい汗が常在菌によって分解されることからワキガは始ります。

 

ついで 皮脂腺から押し出された脂質が混じってその臭いを強くしていきます。

 

さらに、ふつう汗が分泌されることによって、こうした臭いのもとが広がり、わき毛にからまることで臭いが拡散していきます。

 

常在菌は恐ろしい「バイキン」ではなく、善玉菌も数多く含まれてい ます。

 

そのほか体内には皮膚だけでなく、粘膜や腸内にも無数の細菌が生息しており、異物の分解や有害な雑菌を捕食してくれたりしています。

 

皮膚の常在菌も肌を清潔に保つために必要な存在なのです。